入れ歯

なたに合う入れ歯をご提案します

画像

歯を失う理由にはむし歯や歯周病・外傷などがあります。歯が抜けたままでは見た目に悪いだけでなく、まわりの歯が動いてしまい、歯並びや噛み合わせに悪影響を与えてしまいます。するとお口全体の健康を脅かしてしまいますので、早めに治療することが大切です。こちらでは新宮町の歯医者「杜の宮かなだ歯科医院」が歯を失ってしまったときに選ばれるポピュラーな治療法である入れ歯についてお話しします。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯には保険診療の入れ歯と保険外診療(自費診療)の入れ歯があります。わかりやすい違いは負担費用です。保険診療の場合は、費用は一部負担で済みますが、自費診療の場合は全額負担になります。費用以外の違いは、保険の入れ歯には、素材や作製工程に制限があり、反対に自費の入れ歯にはさまざま選択肢があることです。つまり自費の入れ歯でしたら患者様の希望を叶えやすくなります。たとえば、より自然な見た目にしたり、装着感にこだわったり、噛み心地をよりよくすることが可能です。

保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
素材 部分入れ歯の場合は金属のバネがつきますが、そのほかの素材はレジン(歯科用プラスチック)のみです さまざまな素材から自由に選ぶことができます
構造 保険適用範囲内の技術で設計します 新しい技術や型取りの方法を駆使し、作製できます
違和感 厚みがあるので多少違和感があります 素材によっては薄くつくれるので、違和感を抑えられます
見た目 見た目に入れ歯とわかってしまいます より自然な見た目に仕上げることができます
機能性 硬い物が噛みにくいことがあります よく噛めるような工夫が可能です
熱伝導性 食べ物の熱が伝わりにくいので、おいしさを感じにくいことがあります 床を熱伝導性の高い金属製にすることで熱が伝わることで飲食を楽しめます
修理のしやすさ 壊れやすい反面、修理も比較的簡単です 使用素材によりますが、比較的修理は困難です

入れ歯のメリット

歯を失ってしまったときの機能回復の治療には、入れ歯治療のほかにブリッジ治療やインプラント治療があります。ブリッジ治療はとなりの健康な歯を削り、支台にして橋のように連結した人工歯を被せる方法です。比較的安価に治療可能ですが、支台にした歯にはかなり負担がかかり、将来的に歯の寿命を短くしてしまうことがほとんどです。こちらでは顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラント治療と比較した入れ歯治療のメリットをご説明します。

メリット01:治療費が安く済みます メリット02:治療期間が短めです
保険診療の入れ歯はかなり費用を抑えられます。自費診療の入れ歯でもインプラント治療をするより安価です。 外科手術をするインプラント治療ではインプラントが安定するまでの治癒期間が必要で、治療が終わるまでには数ヶ月~半年の時間がかかります。入れ歯治療なら早くて1ヶ月ほどで装着可能です。
メリット03:誰にでも適用可能です メリット04:理想的な噛み合わせを得られます
インプラント治療は全身疾患(重度の糖尿病や腎臓病、心疾患や肝臓疾患など)がある場合、治療できないことがありますが、入れ歯治療は誰にでも受けられます。 これはインプラント治療の場合でも同様ですが、高精度の入れ歯を作製することでしっかり噛める理想的な入れ歯をつくることができます。

取り扱っている入れ歯のメニュー

当院では保険診療のレジン床の入れ歯のほかにもさまざまな自費診療の入れ歯を扱っています。ご自分に合った入れ歯がきっと見つかるはずです。

ノンクラスプデンチャー

画像

歯茎を覆う部分に弾力性のある特殊なプラスチックを使用したバネの要らない部分入れ歯です。バネがないので目立たず、まわりの歯に負担をかけません。薄くつくれるのでフィット感があり装着感も悪くないうえ、金属アレルギーの心配もありません。歯の欠損部位により使用できないことがあります。

マグネットデンチャー

画像

残っている歯根に金属キャップを被せ、入れ歯に組み込んだ磁石により磁力で吸着させる入れ歯です。安定するので比較的よく噛めます。金属を使用するので、金属アレルギーの心配はありますが、小さめにつくれるので、比較的異物感が少なく、バネを使用しないので見た目もより自然です。

シリコンデンチャー

画像

歯茎があたる床部分を弾力性のある生体用シリコンで覆った入れ歯です。シリコンがクッションのような役目をするのでフィット感や吸着性・密閉性があります。入れ歯と歯茎の間に物がはさまりにくいだけでなく、噛んだときの負担が緩和されるので、硬い物もしっかり噛むことができます。

金属床(ゴールド・チタン・コバルトクロム)

画像

床の部分を金属でつくる入れ歯です。薄くつくれるので、違和感が少なく、熱伝導性も高いので食事を楽しむことができます。使用する金属は、金合金・チタン合金・純チタン・コバルトクロム合金で、それぞれ装着感や費用が異なります。

ホワイトクラスプデンチャー

画像

部分入れ歯に使用するバネを白いクラスプに替えた入れ歯です。クラスプの素材はアセタル(熱塑性レジン)で人工臓器の部品にも使われます。破折しづらく柔軟性があり、金属アレルギーの心配もありません。

クリアデンチャー

画像

金属のバネを使用せず、歯茎に当たる部分やクラスプ部分を透明な素材でつくった入れ歯です。歯茎に当たる部分は透明にもクリアピンクにもすることができます。耐久年数は比較的短めですが、金属を使用しないので目立たないだけでなく、アレルギーの心配もありません。

Pick Up!! 噛み合わせの大切さについて

噛み合わせが悪いと咀嚼がうまくいかないだけではありません。顎に偏った負担がかかり、筋肉のバランスがくずれ、それにともなって首筋の痛みや肩こりが起こり、腰痛や手足の痛みにまで発展することがあります。慢性的な体調不良が噛み合わせの乱れによって引き起こされているかもしれないのです。

片側ばかりで噛むクセ、足を組むクセ、頬杖、寝姿勢などさまざまクセにより噛み合わせが乱れてしまうことがあります。歯を失ってしまっても噛み合わせを乱さないようにしなければなりません。当院ではしっかり噛めるだけでなく、身体のゆがみやズレを防止することにも考慮した入れ歯を作製していますので、入れ歯のお悩みがありましたら、何でもご相談ください。

一般歯科治療メニュー

  • 歯が痛い・しみる 一般歯科・予防歯科
  • 歯の色を綺麗にしたい 審美歯科
  • 本物の歯のように噛みたい インプラント
  • 歯並びを綺麗に整えたい 矯正歯科
  • 失った歯を補いたい 入れ歯
  • 口臭や口の環境が気になる

小児歯科

  • 食育について
  • お子様メニュー
  • お母様メニュー
  • 院長・スタッフ紹介
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院案内

歯科タウン