食育について

と歯科に関するお話しをします

画像

「生きる」ためには「食べる」ことが必要です。健康に生きていくためには、「食」について考える習慣をつけ、より健康につながる食べ物の選択や食べ方の実践をしていくことが大切になります。「食育」とは、「食」に関する知識と理解を深め、「食」を選択する力を養い、健全な食生活を送ることができる人間を育てることだといわれています。

こちらのページでは、新宮町の歯医者「杜の宮かなだ歯科医院」が食育についてご紹介します。

歯科と食育について

画像

食べ物を食べるのは口からです。そして歯で咀嚼し飲み込みます。食べ物を味わい、食事を楽しむためには、歯をはじめとする口は大切な働きをします。健康な歯でよく噛むことは効率的な栄養吸収を助け、身体の健康維持につながるのです。

いつまでもおいしい食事を楽しむために、歯は大切な役割を果たします。そのためには、むし歯や歯周病などのお口のトラブルを予防、治療することが大切です。お口の健康が保たれていなければ、食べ物や食べ方の知識を深め、体験を重ねることが豊かな人間性を育むことも難しくなります。

「食育」を推進する目標のひとつに、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防が挙げられています。メタボリックシンドロームに関係する肥満は、食べ物だけでなく「早食い」や「丸飲み」とも関連がありますので、「よく噛んで食べる」「味わって食べる」ことが大切です。そのためにもお口の健康が重要なのです。

食育における小児歯科

画像

「食育」において、歯科と関連する目標は「生涯おいしく食べること」です。そのために小児期を含めた時期にできることをご紹介します。

胎児期

最近では、妊婦さんのお口の健康状態は、生まれてくる赤ちゃんの健康と深く関わっていることがわかってきました。妊娠中は、身体同様、お口の環境も変化します。お口のトラブルを起こしやすいので、歯科健診を活用してお口の健康を守ることが大切です。またこの時期は母体内で歯や口腔組織が形成されますので、規則正しくバランスの取れた食事をすることを心がけましょう。

乳児期および離乳期

母乳をあげることはお母様と赤ちゃん絆を深めます。また母乳には赤ちゃんの病気を防ぐ成分が含まれていますので、できるだけ長く飲ませることをおすすめします。離乳食を与える時期は、これからの「飲み込む」「噛む」などの口の機能が発達する時期です。こちらではいくつかの注意点をご紹介します。

  • おもちゃをくわえたり、指を吸ったりすることは唇や舌や顎を動かすための準備行動です。無理にやめさせないようにしましょう。
  • 適切な離乳食の硬さや大きさは、歯の生え方により異なります。歯をしっかり観察して、それに応じた離乳食を与えましょう。
  • きちんと食べ物を噛んだり飲み込んだりするには姿勢が大切です。唇も閉じている必要があります。
  • 離乳が進むと赤ちゃんは手づかみで食べたがります。これも大切な発達過程ですので、十分に手づかみで食べる経験をさせてあげてください。
  • 味覚が発達するこの時期、ベビーフードだけでなく、離乳食を手づくりしましょう。いろいろな食べ物を「見る」「触れる」「嗅ぐ」ことはとても大切です。
幼児期

だいたい1歳くらいから6歳くらいまでを幼児期といいます。この時期は、成長期であり、さまざまな経験をする時期です。食育にとっても大切な時期といえます。

  • すべての乳歯が生えそろって噛み合う3歳頃は、いろいろな食べ物をしっかり噛み、飲み込めるようになる時期です。さまざまな食べ物の大きさや硬さ、歯ざわりを体験できるように工夫しましょう。
  • 3歳頃になったら、スプーンやフォークだけでなくお箸やお椀の使い方を伝えましょう。
  • 食べ物が入っているときは口を閉じるように促し、しっかり噛むことが習慣になるようにしましょう。よく噛まずにお茶や汁物で流し込むことがないように注意しましょう。
  • 食事や間食は規則正しく摂りましょう。夜食や寝る前の飲食はむし歯の心配があるだけでなく、肥満の原因にもなりますので、注意しましょう。
  • 食べたらみがく、または口をゆすぐなどを習慣にしてしまいましょう。
学齢期

この時期は乳歯が永久歯に生え替わる時期でもあります。ずっとお世話になる永久歯を健やかに保つため、さまざまな工夫が必要です。

  • 生え替わりの時期には噛む力が低下しますので、食事に時間がかかります。食事時間をゆったり取ってあげましょう。
  • 正しい食べ方や正しい姿勢などのマナーを身につけさせてあげましょう。
  • 友達との外食なども増える時期です。味覚が均一化しないように伝統食や地域の物産品などを幅広く食べるようにしましょう。
  • 生え替わりの時期は歯みがきなどがしづらくお口の中が不衛生になりがちです。お口のケアを念入りに行うようにしましょう。
  • 小食になったり、欠食したり、または過食したりと食事が不規則にならないように注意しましょう。

Pick Up!! Q.O.L.(Quality of Life~質を重視した暮らし~)

クォリティー・オブ・ライフつまり生活の質のこと。物質的な豊かさとともに健康面や精神面を含めた生活の質の高さを保とうという考え方です。いつまでも自分の歯で食事を楽しむこと、会話を楽しむこと、若々しさを保つことは、Q.O.L.を高く保つことにつながります。そのためにもお口の健康を守ることはとても大切です。

一般歯科治療メニュー

  • 歯が痛い・しみる 一般歯科・予防歯科
  • 歯の色を綺麗にしたい 審美歯科
  • 本物の歯のように噛みたい インプラント
  • 歯並びを綺麗に整えたい 矯正歯科
  • 失った歯を補いたい 入れ歯
  • 口臭や口の環境が気になる

小児歯科

  • 食育について
  • お子様メニュー
  • お母様メニュー
  • 院長・スタッフ紹介
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院案内

歯科タウン